マーノート

マーは2010年2月生まれの女の子。小1で不登校、発達相談で広汎性発達障害(自閉スペクトラム)と見るべきだと指摘される。ここは「言われてみると自分も」感が満点の父=私のブログ。登場する「キューちゃん」は妻(マーの母)。

「行ってよかった」運動会

 土曜日、予定の運動会が天候不順で延期に。

 

 運動会とくればかけっこ、対抗リレー。幼稚園時代のそれからすでに「勝たねばならない」「一番でなければいけない」という思いに取りつかれているマーにとって、運動会とは「それができない自分」を見せつけられる、とてもいやな行事である。

 

 が、前の晩から「踊りだけ出る」と言い、元気づけにハンバーグを食べにまで行っていた。それが延期。

 せっかくなんとかしようとしていたのに、本人的には、かなりいやだったようだ。

 で、一日中、概して不機嫌。だだをこね、無理を言って、親から「できない」を引き出しては「ひどいよ!」と言ってかんしゃくを起こした。

 夜、とうとうこちらも切れてしまう。

 小学校時代の運動会に良い思い出のひとかけらもない私としては「もうこんな行事やめてくれ!」の気分。

 

 朝、互いに反省。

 「お父さんの言い方も悪かったね。ごめんなさい。もうひどい言い方はしないから、たたかないでね」

 「昨日はごめんなさい」

 で、ギューっ。

 

 すっかりゴキゲンになって運動会へ。

 時間が近づくとオロオロしたものの、Y先生のおかげもあって、お約束通り「UFO」には出場。これで満点とする。

 「マー、がんばったね。上手だったよ! お約束も守れたね!」

 先生方からもほめてもらえた。

 

 リレーが始まり、ヨーイドンの音が響き渡り始めると、グラウンドの隅のほうへ。

 私からカメラを借りると、ここのところ「植物」に関心があるためか、学校の木々を写真に撮ったりする。

 先生方に挨拶して、そのあたりで離脱。まー仕方ないな。

 

 午後はお気に入りのお寿司やさん、お気に入りの本屋さんにでかけてねぎらい

 「お約束守ったから、ずる休みじゃないよね」

 「そうだ、がんばったんだから、今日はどこへ行ったっていいんだよ」

 その後はコンプリメントだらけにする。

 

 寝際、「運動会、行かなきゃよかった・・・いや、やっぱり行ってよかったかな」とマーがつぶやいて寝る。

f:id:manotes:20170529072123j:plain

*ぼかしてあります。

 

 

f:id:manotes:20170529091814j:plain

f:id:manotes:20170529091843j:plain