マーノート

マーは2010年2月生まれの女の子。小1で不登校、発達相談で広汎性発達障害(自閉スペクトラム)と見るべきだと指摘される。ここは「言われてみると自分も」感が満点の父=私のブログ。登場する「キューちゃん」は妻(マーの母)。

強くなりたいんだよ

 学校で体力測定があったらしい。先週あたりから気にしていた。帰宅するとその話題のラッシュ。

 「はんぷくよことびがね、まえよりはやくなったんだよ。うわぐつがすべりそうになったけど、しゃっしゃっしゃって、24かいできたんだ。みてて! しゃっしゃっしゃって、こうとぶんだよ。それとたちはばとびがあって、1めーとるくらいとべたんだ。まな、あしもはやいほうなんだよ! それとね、じょうたいおこしが5かいできたんだよ。なかなかたいへんで、うーん、うーんってちからいれて、でもきょねんよりできたんだ。でもさとしくんがもっとすごくて、よくかんさつしてたら、30かいはできてたきがする。30びょう、かぞえてみて? うーん、えーと、でしょ? だからものすごいんだよ。わたしももっとつよくなりたい! おんなだからっておとこよりよわいなんて。おとこのこよりももっともっと、うんとつよくなって、しっちゃかめちゃかにすごくなりたい! ねえねえ、マットうんどうのれんしゅうとかとびばこのれんしゅうができるところ、さがしてよ」

 晩ご飯もそこそこに、息せき切って話すのにつきあわされる。

 はじめはこんなに得意げなマーって久しぶりだと思って聞いていたのだが(もちろん「コンプリメント」漬けにしながら)、途中からやっぱり悔しがる。でも、うちひしがれているだけじゃない。強くなった。