マーノート

マーは2010年2月生まれの女の子。小1で不登校、発達相談で広汎性発達障害(自閉スペクトラム)と見るべきだと指摘される。ここは「言われてみると自分も」感が満点の父=私のブログ。登場する「キューちゃん」は妻(マーの母)。

パンづくり 後編

 --朝、「パン、焼けてるよ」で、ガバっ。
 リビングにかけこむと、夜なべで焼き上げたパンがお皿に。
 
 しかし、よくできたとはとても言えない。
 発酵がうまく進まなかった。焼き加減も当てずっぽう。
 
 が、「わーい!」で手に取ったかと思うと、かぶっ・・・・
 緊張の一瞬
 
 と、目がキラキラして「おいしーーい!」の表情!
 
 よかった。ここでやめとけば。
 
 安心して「実はここがうまくゆかず・・・本をよく読むとこうしなくちゃいけないところ・・・」と、「次にもっと良くするために」のつもりで説明したのが、マー的には「否定」に聞こえてしまったらしい。
 
 否定にさらされると、マーにはなぜか「鬼教師役」が憑依する。
 「どうしてちゃんとやらないんですか! きちーんとやらないといけないでしょ! これだと安心して食べられません!」
 だんだん高じると、「もーきらい! あっちいって! お父さんなんかもーいや!」
 
 ひとしきり怒鳴りまくる。が、暴力であたりちらさなくなった。そしてまもなく一人でこもってクールダウン。こういうときは「触らぬ神にたたりなし」が正しいみたいだ。
 「じゃ、次はもっとがんばるから」とだけ言い残して私は出勤。
 
 日中は別のことにとりくんでいたらしい。
 帰宅後、夕食時になって、ふと、マーが
 「さ、再チャレンジよ! 本をもう一回読んで! ・・・この写真みたいなコレがいるんだね」
 
 そう、コレ。コレがないから、分量がレシピ通りにできなかった。
 
 どこに売っているかわからないが、ともあれ車でホームセンターへ。
 しかし、ないことが判明。
 「なんでないんだよ! もう!」
 プチ切れ気味。
 
 「じゃ、あの店へ行ってみよう、きっとあるよ!」
 急いで、以前にケーキ用品などを買った雑貨ショップへ。
 しかし、ここにもない。
 
 さらに別の家庭用品店へ。
 「ここならあるさ!」。
 が、タッチの差で閉店!
 
 さらにさらに別のショッピングモールへ。
 もう期待させる言葉はなしにする。
 マーも「きっとないんだよ!」と荒れ気味。
 もうお約束通り。ここにもない。
 
 フードコートでアイスクリームにありついてプシュー!(ガス抜きの音)
 
 「それにしても、コレ、どこにあるんだろうね~」
 
 レシピって、完璧でありそうに見えつつ、素人にはわからないことが多い。
 分量の「少々」とか「適量」って、どんだけじゃーってなる。
 コレも、手順の写真にははっきり写っているんだけど、名前がわからない。
 もとより、どうやって手に入れるのかも・・・
 
 というわけで、さらに続く・・・のか?