マーノート

マーは2010年2月生まれの女の子。小1で不登校、発達相談で広汎性発達障害(自閉スペクトラム)と見るべきだと指摘される。ここは「言われてみると自分も」感が満点の父=私のブログ。登場する「キューちゃん」は妻(マーの母)。

おんせん、カレー、トーマス: 今日のおうち学校

 すこし遅く帰宅すると機嫌が悪い。「天才になりたい」とか「みんなにすごいと言われたい」とか、あーだこーだ不安なことを言って泣いてわめいてあばれる。
 要するに相手をしてほしい、ということ。
 晩ご飯もそこそこにマーラボ(自分の部屋をこう名づけている)に入って「おうち学校」開始。
 「かがくのおさらいをして!」とマー。
 
 水のふしぎ①
 水はちょっとずつだがなんでも溶かしちゃう。
 おんせんにはいろんなものが溶けているんだったね。カレーにもいろんなものが溶けている。
 カレーにはなにが溶けているかわかるかな?
 (にんじん、たまねぎ、じゃがいも、りんご、カレールー、(ルールルルーで一曲)、隠し味のチョコ)
 「カレールーができるまでを調べてみようよ!」というのでインターネットでS&Bの工場見学。
 「スパイス」に加えて「ハーブ」が入っていることを発見。
 
 --休憩、私も晩ご飯を食べ直し--
 
 水の不思議②
 水をおなべに入れてガスコンロにかけると「ふっとう」して「あわ」がでて「ゆげ」になります。これが100度。
 水を冷凍庫にいれてどんどん冷やすと「こおりついて」「こおり」になります。あー漢字で氷って書けましたね。これが0度。
 ゆげと水と氷。どれがいちばん固いかな。
 「氷!」
 どれがいちばん大きく広がるかな。
 「ゆげ?」
 これが大発明と関係あるんだよ。
 「えー? なに?」
 「休憩の時間でーす」
 でマンガをちょっと。
 
 水の不思議③
 でっか~いヤカンをつくって、その下からどんどん火をたきます。のらねこ軍団がやっていたのは
 「石炭!」
 「そのとーり!」
 石炭どんどん燃やすと・・・
 「ピー、ぷしゅー!」
 「おっ絵で描いて説明するのが得意だね~!」
 はいっ、ここでここのピーってところに歯車を置くと・・・
 「え~? まわる~?」
 「正解!・・・ということは・・・車輪を置いて歯車とつなぐと・・・」
 「走るの?」
 大正解~! トーマスはこうやって走っているのでした~